Compliance check

コンプライアンスチェック

コンプライアンスチェックとは

犯罪収益移転防止及び安全保障輸出管理の運用が厳しく求められる事に伴い取引先の実態を把握する、コンプライアンスチェック(KYC)の重要性が増しています。
取引開始前のコンプライアンアスチェックは極めて重要となり、これを怠ると契約違反リスク、金融機関との取引停止リスク、監督官庁による処分を受けるリスクなどがあり、貴社が実害を被ったり、貴社の社会的評価が悪化するレピュテーションリスクに晒されることとなり、経営ダメージを受ける可能性があります。
当研究所では、提携先との連携により、全世界の制裁規制リストへの一元スクリーニングサービスのご案内が可能となっております。

加速する規制の変化

コンプライアンスチェックのメリット

  1. リアルタイムデータへのアクセス
    リスクアセスメントの作業が最短3クリックで完結。一つのプラットフォームで、最大かつ包括的なコンプライアンスデータにアクセスできます。
  2. 顧客審査とスクリーニングを加速
    手を介在しないワークフローにより、利便性を向上。
  1. 自社に合う形にカスタマイズ
    自社のデューデリジェンスプロセスに合わせ、必要なデータだけにアクセスが可能です。

コンプライアンスチェック

  1. Politically Exposed Persons (PEPs) 政府要人
    180万人のPEPs(政治的影響力のある人物)その家族や関連人物をスクリーニングする事により、潜在的な脆弱性を浮き彫りにします。
  2. 制裁規制スクリーニング
    世界最大の制裁規制リスト、裁判所記録などを一括でスクリーニングする事により、取引禁止相手を識別する事が可能です。
  3. 政府出資企業
    所有者リストのスクリーニングにより、政府出資、政府関連企業の特定が可能です。
  4. 社内外監査対応
    スクリーニング、モニタリング等、コンプライアンス作業を記録し、監査書類とすることが可能です。
  5. ネガティブ記事
    世界3万以上のニュースソースより、不法行為関連のニュースをデータベース化。
    検索やモニタリングに対応しています。
  6. 法人&個人モニタリング
    ネガティブ記事、制裁規制、政府出資など、リスク情報に対象企業や個人が該当した場合
    には、アラートを通知します。

導入イメージ

Connect API

Connect APIを使い、貴社のCRMシステムとProtectを統合する事が出来ます。
オンボーディングと呼ばれる契約前のチェックに際し、ワークフローを簡易化。時間と費用の大幅短縮が期待できます。

Check & Decide

自動化により、手作業によるコンプライアンスチェックのミスをなくし、業務処理速度を向上させる事が可能です。
Protectのデータは、Check & Decide からもアクセス可能です。
Check & Decideは、WebまたはAPIにより利用できます。

コンプライアンスチェックについて詳細をお知りになりたい方は、下記よりお問い合わせ下さい。

クレジットリスク総研2大イベント

【終了いたしました。ありがとうございました。】
10月6日(水)14:00-15:30

「コロナ禍でのリスクマネジメントの重要性と与信管理強化」オンラインセミナー

詳細はこちらから >>

【終了いたしました】
10月8日(金)受付分まで
【取引先5社まで】

適正与信額アドバイスします

詳細はこちらから >>