1. HOME
  2. ニュース
  3. アメリカのブルックス・ブラザーズ社が破産法を申請・コロナで大きく打撃を受ける

アメリカのブルックス・ブラザーズ社が破産法を申請・コロナで大きく打撃を受ける

はじめに

アメリカ衣料品店のブルックス・ブラザーズ社が20年7月に連邦破産法11条(日本の民事再生法にあたる)の適用を受けて経営破綻を申請しました。新型コロナウイルスの影響での店舗の営業休止が大きく影響しました。

ブルックス・ブラザーズ社はどのような会社?

ブルックス・ブラザーズ社は創業200年を超える老舗企業です。ビジネススーツやネクタイなどのブランドとしても有名。1890年代にはボタンダウンのカラーシャツを販売。アメリカ金融街のウオールストレートなどの金融マンのキーアイテムとしても人気を集めました。

アメリカでも衣料品は苦戦


アメリカでは大手衣料品業界や百貨店が経営破綻が続いています。新型コロナウイルスの影響が色濃くなってきた20年春以降から、衣料品のJクルー・百貨店のニーマンマーカス・JCペニーなどが相次いで破綻をしています。

ブルックス・ブラザーズも北米のおよそ250店舗前後が一時休業に追い込まれています。20年7月現在で多くの店舗でまだ営業が再開できていません。アメリカのメディアは6月、経営悪化から3つの工場を閉鎖する可能性があるという予測をしています。

アメリカはコロナで日本以上の影響を受けているものと思われます。長期にわたるロックダウンの継続で経済の大きな低下も予想されます。今後も衣料品・百貨店・航空関係などを中心にしばらくは倒産・経営破綻が続いても不思議ではありません。

ITの進展が逆風に

IT企業などではスーツなどを着ない文化も出てきています。そのようなところもビジネススーツの業界では逆風になったものと考えられます。ブルックス・ブラザーズ社は非上場企業ですが、この数年は年間の売上高が10億ドル(1050億円)程度まで低迷して多くの不採算店を抱えているものと思われます。

参考資料・出典
日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61306650Y0A700C2000000/

ニュース

ニュース一覧

クレジットリスク総研2大イベント

大好評につき開催!
10月6日(水)14:00-15:30

「コロナ禍でのリスクマネジメントの重要性と与信管理強化」オンラインセミナー

 
詳細はこちらから >>

無料進呈
【取引先5社まで】
適正与信額アドバイスします

 
詳細はこちらから >>