1. HOME
  2. ニュース
  3. 米国経済の力強さは着実に・ただ供給の制約は深刻

米国経済の力強さは着実に・ただ供給の制約は深刻

はじめに

アメリカの連邦理事会が7月14日に発表した地区連銀経済報告(ベーシュブック)によると、5月下旬から7月上旬にかけてアメリカ経済は「一段と力強さを増した」と総括しています。景気回復が加速するも一方で人員不足や配給の遅れなどの供給面での制約が問題となっています。

経済は回復基調

報告では各地区の経済は「緩やか」もしくは「力強い」ペースで拡大しています。前回よりも判断を引き上げています。新型コロナウイルス感染の懸念が減って経済活動が進む中で輸送・旅行・観光・製造・金融以外のサービス業が「平均を上回る」成長になっているとのことです。

リッチモンド連銀地区ではビーチ沿いのホテルの客室稼働率が記録的な高さになっていること、さらに短期滞在宿泊施設の予約も秋までしっかりと埋まっているとのことです。カンザスシティー連銀地区では製造業が活況で大半の企業が需要増に応えようとコロナ渦前のペースを超える規模での設備投資を計画しています。

供給面の不足も

一方で急激な景気回復もあって、材料や労働力の不足さらに入荷遅延・消費財の在庫薄などの供給サイドの遅れが一段と広がっています。スタッフ不足で営業制限をしている飲食店・宿泊施設・小売店の報告が相次いでいます。フィラデルフィア連銀は深刻な生産の制約で、製造業は賃上げ・生産の外注・生産ラインの自動化などの対策を採っていると報告しています。企業は需要の増加に明るい見通しを持っているものの、供給の制約の緩和には悲観的な見方をしています。

労働需要は堅調で雇用は増えるも、求人が埋まらずに人手不足に苦労する企業の報告も相次いでいます。セントルイス連銀地区のレストランは「新人の職に時給16ドルを出しても応募が来ない」という報告もあります。ミネアポリス連銀地区の人材派遣業者はオンラインの採用イベントで求職者よりも採用の企業担当者の方が多かった」という事実も伝えています。

賃金も物価も上昇

このような中で需要が特に強い未熟練労働者の賃金が大きく上昇したのをはじめとして、労働者の賃金が全体的に上昇したと伝えています。

また物価も平均を上回るペースで上昇をしています。物価の上昇圧力は幅広く高まっています。特に飲食店やホテルなどで強くなっています。「仕入価格と販売価格はさらに上昇する」と予測する企業が大半になっています。企業の価格決定力にはばらつきがあるも、シカゴ連銀の担当者が「価格が上昇しても顧客の購買意欲が変わらない」などの報告もあって、コストの転嫁に自信を持っている企業が多くなっています。

米連邦公開市場委員会の資料にも

このような報告は7月2日までの情報に基づいています。全米の12地区の連銀の経済動向をまとめたもので、7月27・28日に開かれる次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)の検討資料になります。

参考資料・出典
日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN14EY80U1A710C2000000/

ニュース

ニュース一覧

クレジットリスク総研2大イベント

【満員御礼】次回開催をお持ち下さい。

【準備中】次回開催予定のセミナー

 

【海外企業信用調査レポート進呈】

>>詳細はこちらから