1. HOME
  2. 研究員レポート
  3. 海外取引のコンプライアンアスについて(1)海外取引のコンプライアンスの必要性の背景と法規制の動き

Researcher report

研究員レポート

海外取引のコンプライアンアスについて(1)海外取引のコンプライアンスの必要性の背景と法規制の動き

海外コンプライアンス必要性の背景

近年海外取引を行う企業にとって、海外取引に係るコンプライアンス・チェックの必要性が重要な課題となってきました。どのような背景があるのか見ていきたいと思います。

(1)法規制のグローバル化・デジタル化

世界経済がグローバル化する中、企業は海外に拠点を持っているかに関わらず、人・物・金・情報は国境を越えたものとなり、法規制の影響も国境を越えたものになって来ています。

(2)各国の法規制の世界的影響の拡大

各国はそれぞれ国内企業活動に対して、いろいろな法規制を課していますが、経済活動のグローバル化に伴い、国内経済活動だけにとどまらず、その国以外の海外企業活動まで影響を及ぼすようになってきています。経済制裁規制、輸出管理規制、競争法などの域外適用などが例です。

(3)法規制の多様化

企業の活動は各種法律、政府の経済規制や業界団体のルールなどに従って行われていますが、最近は法的拘束力を持たず、また違反しても法的制裁が伴わない、様々なステークホルダーの関与のもとで作成される「ソフトロー(行動規範)」が企業活動に大きな影響を与えるようになりました。とりわけ、国際機関が加盟国とともに作成した「ソフトロー(行動規範)」は海外取引を行っていない企業、海外に拠点を持ってない企業などにも大きな影響を与えるようになりました。

(4)法規制の流動化・不安定化

世界経済のグローバリゼーション化により、急速なIT技術の進歩による貧富格差の拡大、ビッグデータの利用による情報プラット・フォームの独占化にともなう個人情報保護の問題、地球温暖化による気候変動の危機、それに最近のコロナ感染症パンデミックなど、企業を取り巻く環境は大きく変わろうとしてきており、法規制の流動化・不安定化か増しています。

以上のように、企業を取り巻く環境が大きく変化する中、企業は直面する法規制上のリスクを多角的に分析し、またステークホルダーとも対話しながら、効果的・効率的に対応していくことが求められています。

具体的に、法規制がどのように国際的に広がり、多様化しているか見ていきたいと思います。

このコンテンツはメンバー限定に制限されています。
メンバーになられている方はログインしてください。新規メンバーは以下より登録ができます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目