1. HOME
  2. 研究員レポート
  3. インターネットによる取引先モニタリング管理サービスについて

Researcher report

研究員レポート

インターネットによる取引先モニタリング管理サービスについて

一般に企業は取引先の信用リスクを管理するには、定期的に取引先からのヒアリング、決算情報などを入手して財務情報の分析などを行い、不払いリスクがないかどうかチェックします。しかし、取引先の信用リスク情報を常に自社で独自にモニタリングすることは容易ではありません。自社で気づかない信用リスクが発生した場合、場合によってはあっという間に取引先に不払いが発生したり、倒産する可能性もあります。

このような状況に対応するために、いくつかの信用調査会社などが、インターネットによる取引先モニタリング管理サービスを提供しています。取引先の変化を常にチェックすることで、不測の事態が起きる前に取引条件や取引内容の見直しが実施でき、貸し倒れなどによる損害を未然に防ぐことができます。

幾つかの企業の取引先モニタリング管理サービスの概要をみてみたいと思います。

このコンテンツはメンバー限定に制限されています。
メンバーになられている方はログインしてください。新規メンバーは以下より登録ができます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目