1. HOME
  2. ニュース
  3. フルラ米国法人が破産申請

フルラ米国法人が破産申請

はじめに

フルラUSA法人は日本の民事再生法にあたる「米連邦破産法第11条」の適用をニューヨーク州の破産裁判所に申請。新型コロナウイルス感染拡大によって3月に店舗閉鎖を強いられたこと・またそこからの客足の減少が店の売上に大きく影響しました。

フルラ一族

フルラは1927年にアルド・フルラネットがイタリアのボローニャで創業しました。フルラネット家の家族経営で世界中に500以上の店舗があります。アメリカでは1989年に事業を開始。8つのアウトレットを含む14店舗を展開。2019年の総売り上げの7%ほどをアメリカ事業が占めています。

破産裁判所への提出資料

破産裁判所に提出した資料からは売上高の大半は2200万ドル(22億円)で全体の60%弱を構成しています。また卸売の売り上げは1300万ドル(13億円)で同35%、EUでの売上高はおよそ280万ドル(2億8000万円)で同7%ほどを占めています。

フルラはコロナ前から経営の悪化が囁かれていました。そこにコロナがとどめになったと資料には書かれていました。特にインディアナポリスとボストンでの地元の買い物客の大幅な低下がこの2年ほど顕著でこの地区の店舗を閉鎖すると発表。当時の従業員の過半数の90名以上を解雇。20年11月現在で正社員・パートを合わせて50名ほどが働いています。

ニューヨーク5番街は営業を継続

またニューヨーク5番街の旗艦店は改装後引き続いて営業します。同店はミラノで9月にオープンしたばかりの旗艦店のコンセプトや設計を参考にしていきます。アメリカ全体ではコロナの影響をかなり受けています。それでもサックス・フィフス・アベニューやブルーミングデールズといった大手百貨店とは関係を継続していきます。

フルラグループの売上高

フルラグループの売上高は19年の売上高は5億200万ユーロ(612億円)程度。ちなみに18年は5億1300万ユーロ(625億円)程度だったが、後に意図しない販売先の売上高が判明して減額。最終的には5億400万ユーロ(614億円)程度にとどまりました。

再建計画の詳細は述べず

フルラのジョバンナ・フルラネット社長は再建計画についての詳細は述べずも、よりスリムで改善した組織でアメリカ市場に戻ることができることに尽力するとのことです。「われわれはより現代的な方法で市場を再構築する必要があり、それを通じて成長していけると信じている。米国市場は依然として興味深く、戦略的に重要ではあるものの、われわれは店舗の収益化に取り組まなくてはならない。今後はより柔軟で、サステナブルなネットワークが必要だ」(原文ママ)とコメントしています。

カナダにも開店したばかり

フルラ社は最近カナダに2店舗をオープンしたばかりです。イタリアのフィレンツェとシエナに位置するトスカーナには新たな工場も作っています。広さ1万9000平方メートルで新製品の研究開発や教育施設が収監されています。

参考資料・出典
ヤフーニュース:https://news.yahoo.co.jp/articles/046ace05f22b0df970e6ca99041559adb9d77338?page=1

【登録無料】クレジットリスクに関するニューレターを配信中

海外企業信用調査レポート、クレジットリスクに関する最新の情報をお届けします。

また、各種セミナー/イベントに無料または優先で参加できるほか、当総研からの特別な情報をメルマガなどでお届けいたします。

個人情報の取扱いについて」をご確認の上、送信して下さい。

ニュース

ニュース一覧

最新のクレジットリスクに関連するニュースレター配信中【登録無料】

バックナンバー
第1回ニュースレター
「2021年、COVID19がクレジットリスクに与える影響」