1. HOME
  2. ニュース
  3. 中国の5月の生産は8.8%増に鈍化・半導体不足で車の生産が減る

中国の5月の生産は8.8%増に鈍化・半導体不足で車の生産が減る

はじめに

中国国家統計局が21年6月16日に発表をした21年5月の主な経済統計によると、工業生産は前年の同期比で8.8%増えていました。伸び率は4月の9.8%から鈍化しました。自動車の生産量が半導体の不足の影響や昨年の販売促進の反動で4.0%減少。20年3月以来のマイナスとなりました。工業生産は新型コロナウイルスの感染が広がる前の19年5月と比較すると13.6%も上回っています。

産業ロボットは大幅に増加

主要産品の生産量を見ていくと、産業用ロボットは前年の同月よりも50.1%も増えています。行員不足に悩む製造業が自動化の投資を広げています。自動車全体では落ち込むも「新エネルギー車」に限ると2.7倍に増えています。

逆にセメントは3.2%減少しました。粗鋼は6.6%増えるも4月より伸び率は鈍化しています。二酸化炭素の排出量は抑えていくために、地方政府が鉄鋼大手に高炉の閉鎖や生産数の減少を指導していた影響が出た可能性があります。

固定資産投資も増える

1月から5月の固定資産投資は前年の同期比で15.4%も増えています。この中でインフラ投資が11.8%も拡大しています。製造業の投資が20.4%も伸びて、19年の同時期も上回っています。マンション建設などの不動産開発投資は前年同期比18.3%のプラスとなっています。

参考資料・出典
日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM163Z50W1A610C2000000/

ニュース

ニュース一覧

クレジットリスク総研2大イベント

【終了いたしました。ありがとうございました。】
10月6日(水)14:00-15:30

「コロナ禍でのリスクマネジメントの重要性と与信管理強化」オンラインセミナー

詳細はこちらから >>

【終了いたしました】
10月8日(金)受付分まで
【取引先5社まで】

適正与信額アドバイスします

詳細はこちらから >>