1. HOME
  2. ニュース
  3. 中国景況感・コロナ感染再拡大で大幅悪化

中国景況感・コロナ感染再拡大で大幅悪化

はじめに

中国の国家統計局が31日に発表をした8月の購買担当者景気指数(PMI)によると、製造業と非製造業とを合わせた総合算出指数は前月比3.5ポイント減の48.9となりました。好不調の境目は50を下回るのは新型コロナウイルスの直撃した2020年2月以来となっています。感染の再拡大による移動の制限で旅行業などが打撃を受けています。

PMIとは

PMIは製造業3000社、非製造業4200社が対象になります。新規の受注や従業員数などの項目ごとに調べていきます。50を上回れば前月よりも拡大、下回れば縮小を示します。総合算出指数は製造業の生産指数と非製造業のビジネス活動指数を合成して求めていきます。

8月のサービス業の景況感が大幅に悪化しています。非製造業のビジネス活動指数は47.5と6ポイント近く下落しています。不調を示すのは20年2月以来になります。中国では7月下旬から国内の感染が再び広がりました。感染力の強いインドデルタ型も確認されています。中国では省をまたぐ移動を事実上制限しています。感染者がいない地域でも映画館の入場者数を規制しています。業種別でみていくと運輸・宿泊・外食・娯楽といった業種の需要が大きく下がりました。

非製造業の販売価格を示す指数は20年10月以来の50割れとなっています。コスト高と需要の縮小の板挟みは価格の転換を難しくしています。収益も圧迫しています。

厳格な移動制限

中国は新型コロナウイルスのまん延を厳格な移動の制限で早期に封じ込めてきました。2月の春節(旧正月)前後も局地的な感染拡大を受け、当局が帰省や旅行の自粛を呼びかけました。感染が広がってくると接触型の消費はすぐに停滞して非製造業の景況感を悪化させました。

ウイルスは抑え込んだ

中国国家衛生健康委員会は27日の記者会見で「今回のウイルスのまん延は上手く抑え込んだ」と認識を示しています。外食や宿泊業の景況感は9月に大きく回復していくとの見方が多いも、ウイルス次第で企業心理が振れやすい状況で雇用の回復などに影響を及ぼしました。

8月の製造業のPMI

8月の製造業のPMIは7月よりも0.3ポイント低い50.1でした。節目の50は何とか上回るも5か月連続で悪化。柱の生産指数は50.9で0.1ポイントの悪化となりました。ただ気がかりな点が新規受注の動向です。原材料の高値による収益の悪化が企業の設備投資の重荷となっています。輸出に限った新規の受注は46.7となって4か月連続で節目を下回りました。3か月から6か月後の輸出の動向を示唆しています。21年後半の輸出は伸び悩みそうです。

参考資料・出典 日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM3138J0R30C21A8000000/

ニュース

ニュース一覧

クレジットリスク総研2大イベント

大好評につき開催!
10月6日(水)14:00-15:30

「コロナ禍でのリスクマネジメントの重要性と与信管理強化」オンラインセミナー

 
詳細はこちらから >>

無料進呈
【取引先5社まで】
適正与信額アドバイスします

 
詳細はこちらから >>