1. HOME
  2. ニュース
  3. アルゼンチンが主要債権国への債務の減免を求める

アルゼンチンが主要債権国への債務の減免を求める

はじめに

アルゼンチン政府は日米欧などで構成しているパリクラブ(主要債権国会議)への債務を期限であった5月31日までに払わなかったと地元のメディアが伝えました。今後60日間の利払い夕よ期間(グレースピリオド)中での交渉で債務の減免の合意を狙っていきます。

支払いをせずは予定通り

地元のメディアのインフォバエが「パリクラブへの24億8500万ドル(2700億円相当)の支払いを行わなかったと報じました。不払いは規定路線でグレースピリオド中の債務の再編交渉での債務が減免になるかが焦点になりそうです。地元の経済紙のアンビト・フィナンシエロ(電子版)はアルゼンチン政府はすでにドイツやフランスなどの欧州諸国から支援についての前向きな反応を得ていて、現在は日本政府の反応を待っている段階と報じています。

対外債務の減免が必要

2019年12月に発足をした左派のフェルナンデス政権は対外債務の減免が必要だと主張。債権者団と交渉を行っています。特にパリクラブへの債務は金利負担が年9%と高めで「持続可能でない」と不満を漏らしていました。

参考資料・出典
日本経済新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN010FM0R00C21A6000000/

ニュース

ニュース一覧

最新のクレジットリスクに関連するニュースレター配信中【登録無料】

バックナンバー
第1回ニュースレター
「2021年、COVID19がクレジットリスクに与える影響」