1. HOME
  2. 研究員レポート
  3. 海外取引の与信管理について(3)〜海外取引のリスクヘッジ手段について

Researcher report

研究員レポート

海外取引の与信管理について(3)〜海外取引のリスクヘッジ手段について

日本と異なり、海外では中国、韓国以外、あまり手形は流通していません。北米、アジアで比較的流通しているのは小切手です。欧州ではSEPA(Single Euro Payment Area)という国をまたぐユーロ送金制度が発達しており、小切手よりも送金取引が主体となっています。

地域によりリスクヘッジ手段にも特徴があり、米国では比較的ファクタリングがよく使われていますが、欧州では取引信用保険が多用されています。アジアでは国内L/Cが、中国では銀行引受手形が多く利用されています。

では、主な債権回収リスクヘッジ手段について見ていきたいと思います。

このコンテンツはメンバー限定に制限されています。
メンバーになられている方はログインしてください。新規メンバーは以下より登録ができます。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目